【PUBG】プレイ日記その16:久々にINしたら、画面の感じがだいぶ変わっていた。



PUBGがついに正式リリースとなり、

今INするとゲーム内アイテムのTシャツがもらえるという話を小耳に挟んだので、

すこし久々にゲームに接続してみた。

 

PUBG正式リリース後の画面

以前とは画面の感じがだいぶ変わっていて、びっくり!

 

PUBGアーリーアクセス期間中の画面

たしかアーリーアクセス期間中、最後にINしたときは、こんな感じの画面だった。

当時の画面はゲーム起動して早々、薄暗い建物の内部にて武器やら何やらの物騒なアイテムが並ぶなか

ぼーっと自キャラがつったっているという、いかにもバトルロワイヤルな空気を醸し出していたのだが。

正式リリース開始後の新しい画面は、綺麗な空を背景とした屋外に自キャラが表示され、

風景として見ても綺麗なPUBGのバトルフィールドの様子を、

ゲームスタート時から垣間見ることができるようになった。

個人的には今の新しい画面の方が、プレイ意欲が湧く感じで好きだなと思う。

 

NAサーバー

あと、地味に嬉しかったポイントとしては、マッチング前にサーバーを選択すると、

選択したサーバーがマッチ終了後もリセットされずに、

マッチング前に選んだサーバーがそのまま指定され続けるようになった点。

昔はマッチが終わると、勝手にデフォルトとされたサーバー

(たしかアジア系のサーバー)に戻ってしまっていたので、

マッチングのたびに北米サーバーを選びなおすのが若干面倒だったのだ。

 

PUBG正式リリース記念アイテム(ドン勝Tシャツ)

そして、今回ゲームに接続しただけで、記念Tシャツ的なもの?である

PIONEER SHIRTをゲット!なかなかかっこいいデザイン。

 

PUBG正式リリース記念アイテム(ドン勝Tシャツ)、後姿

後姿はこんな感じ。

 

このTシャツに印字されている“WINNER WINNER CHICKEN DINNER”という文字列は

言語設定を日本語にして遊んでいるとなんのこっちゃという感じなのだが、

設定が英語だとドン勝をとった際に「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!」という文言ではなく

このCHICKEN DINNERなんちゃらの文字列が表示されるらしいので、

その文言がこのTシャツにもプリントされているのだと思われる。

 

新しいTシャツもゲットしたことだし、これからはまたちょくちょくPUBGで遊ぶようにしようかな。

あと、アーリーアクセス期間中に起きたおもしろい出来事も全然ブログにアップできておらず、

私の頭の中でどんどん忘れられ続けているだけになっているので、

余裕があったら過去のプレイ日記記事も、内容を完全に忘れる前にアップしていきたい。