注意!ジムで嫌がられてしまうかもしれないマナー違反?行為について。



私がジムに通い始めて2ヶ月近く経ったわけだが、

その間、「個人的にはそこまで気になるわけではないものの、

もしかして嫌がる方もいるのではないか?」という他者の行為をいくつか目の当たりにしたため、

「自分も気をつけよう」という自戒の意味も込めて、下記に4点ほど記載していく。

 

スポーツクラブ利用マナー注意点について

——————————————————————————

1. マシンでトレーニングをしながら「フーン!フーン!」と大声をあげる。

 

自分が使おうと思ったマシンを先に使い始めた人がいたので、

ベンチに座って待っていたのだが、先に使い始めた人がすぐにどっか行ってしまった。

「ずいぶんはやいなあ。でもラッキー!」と思ってそのマシンを使い始めたところ、

先に使い始めていた人がどうしてその場を去っていったのか、なんとなく気づいてしまった。

なんと、その隣でトレーニングをしていた50歳前後くらいの男性が、

力を入れるたびに「フーン!フーン!」と決して小さくはない声をあげてハッスルしていたのである。

これでは、はっきり言って他人から気持ちが悪いと思われても仕方無いだろう。

自分では気づきにくいかもしれないが、いくら一生懸命トレーニングをしているとはいえ、

トレーニング中に大声で「フーン!フーン!」などと言わないようには気をつけたいものだ。

 

——————————————————————————

2.トレーニング用のマットで長々とおしゃべり(特に他人の悪口)

 

マシンの近くにストレッチとかをするためのマットがあるのだが、

マットが空いていたから大丈夫だと思ったのか、おじさんとおじいさんの間くらいの年齢の2人が、

マットの上に座り込んで世間話を開始。

健全な話題?を短時間とかならまだしも、どうでもいいような内容をネタに、

他人の悪口(おそらくジムに来ている別のお客さんに関する悪口)を延々としていた。

マシンジムのコーナーはわりと静かなので、その悪口が広範囲に聞こえている状態だったから、

一生懸命トレーニングをしている人にとっては、耳障りだったかもしれない。

休憩用のベンチなども用意されているので、おしゃべりをしたい場合は

トレーニングスペースからは一歩離れて、ベンチに移動するなどしたほうがよいだろう。

 

スポーツジムの迷惑ユーザーについて

——————————————————————————

3. 土足禁止の更衣室を、土足で歩き回る。

 

私が通っているジムの更衣室は土足禁止なのだけど、ジムから帰るときにロッカーから更衣室の出口まで、

ちょっとした距離だからよいと思ったのか、ロッカーの正面で土足になって、

そのまま外に出ていった人がいた。

もちろんその人は更衣室にいた他の人から「汚い」などと言われていた。

土足がどの程度汚い感じるのかについては個人差があるかもしれないが、

土足禁止の更衣室を土足で歩き回る事は、たとえどんなに短距離でも絶対にやめよう。

 

——————————————————————————

4. 自分が使った後にマシンを布でふかない。

 

自分がマシンを使い終わった後は備え付けの布でマシンをふくというのが

普通のことなのかとは思うが、たまに忘れられる場合があるのか、

自分がマシンを使おうとすると他人の汗でべっとりしていたことがあった。

そういうことがあってから、私はマシンを使った後だけではなく、

マシンを使う前にも一応布でふくようにしている。

マシンを使おうと思ったとき、無防備にマシンを触って

ベットリしているとびっくりする場合などがあるかと思うので、

少なくとも自分が使う時については、使い終わったら忘れずに

自分の汗をマシンからふきとるようにしておきたい。

 

——————————————————————————

 

ジムの他のお客さんのマナーが悪い、うるさい場合の対処法について

まだジムに通い始めてから2ヶ月くらいなので、4個と数は少ないが、

以上が私が実際に遭遇した、ジムで嫌がられてしまうかもしれないマナー違反?行為だった。

 

こういう内容を書くと「こんなことがあるならやっぱりジムに通い始めるのはやめようかな」などという

印象を与えてしまうかもしれないが、少なくても私が通っているジムについては、

上記のようなことばかりがしょっちゅう起きているというわけではないので、

そういうのが嫌でジムに通うのをやめるというのは、もったいないと思う。

迷惑かも?な他人の行動も、たまにしか無いから目立つというかちょっと気になるだけで、

毎回毎回そういう行為に出くわすかというと、今のところそういうわけでもないので。

 

尚、どうしても苦手な他人がいる場合、ジムのお客さんはだいたい同じ曜日の同じような時間に

習慣的に来る人も多いので、自分が行く曜日や時間をずらしてみるなどの対策方法もあるかもしれない。

まさか24時間365日ジムに生息しているような人も、めったにいないかとは思うし。

 

また、迷惑行為についてはジムの人に相談するという手もあるだろうが、

私が通っているジムのトレーナーの人は20歳前後くらいに見える方が多く、

そういう若者が60歳前後くらいのベテランに直接注意をしたとしても、

なかなかうまくいかない可能性もだいぶあるように思える。

やはり年齢が3倍くらい違うと、言うことを聞いてもらいづらい場合が

あるかもしれないから、色々と難しそうだ。

 

幸い私はまだそこまで苦手な方には遭遇していないので、

そもそも自分自身が迷惑行為の当事者ではないだろうか?ということにも気をつけつつ、

今後も自分のペースでジムに楽しく通っていきたいと考えている。