ゲーム“SCUM”プレイ日記part1-めっちゃ楽しそうなサバイバルゲーム発見!-



2018年8月30日にアーリーアクセス開始となったサバイバルゲーム、“SCUM”を始めてみた。

SCUMの存在を知ったとき、最初はPUBGみたいな感じのバトロワゲームなのかと思ったのだけど、

すこし調べてみたところ、SCUMはマップがだだっ広く他のプレイヤーと遭遇しにくくて、

探索やアイテム集め、キャラの体調管理などのサバイバル要素を満喫できるゲームっぽいことが判明。

もしやこれって私がPUBGで好きなところを凝縮&拡大したようなゲームなのでは??と思い、

2018年8月時点での価格も¥ 2,050と比較的リーズナブルだったこともあり、迷わずプレイすることを決めた。

 

スカムのオンラインマルチプレイ

早速ゲームを起動すると、シングルプレイかマルチプレイを選択する項目などが出現。

私は「もしかすると他のプレイヤーと遭遇するかも!」というワクワク感を味わいたかったので、

今回はMULTI PLAYを選択。

 

スカムのサーバー選択画面

MULTI PLAYを押したら、上の画面のような感じで何もサーバーが出てこなかったものの、

左下のREFRESHをクリックしたら、その後ずらっとサーバーの一覧が出てきた。

今回はSCUM Server Official #●●●●(番号) – US West と書いてあったのを適当に選択。

 

SCUMのキャラクリ画面

次に進むと、キャラメイク画面が登場。

キャラクター名は勝手にSteamのプロフィール名が設定されていた。

また、アーリーアクセス期間中ということもあるのか、一部グレーアウトされて選べない項目もある模様。

例えばGENDER(性別)はMALE(男性)で固定されていて、FEMALE(女性)は選べないようになっている。

ただ、一応FEMALE(女性)という項目も存在はするようなので、

今後は女性も選べるようになる予定なのかもしれない。

年齢は20歳から50歳まで選択できるようになっていたから、とりあえず真ん中の35歳にしておいた。

HEAD TYPEは4種類しか選べなくて正直気に入ったのが無かったけど、

どうせプレイ中に自キャラの顔なんてほとんど見ないだろうから、まあいいか。

 

skills selection

NEXTで次に進むと、スキルポイントをふる画面が表示。

正直どんなスキルが重要になるか見当もつかなかったので、

近接武器を少し得意にするくらいで、あとはだいたい均等にふるような感じにしておいた。

 

Scumで男性キャラクター作成完了

CREATEを押すと、キャラメイクの最終確認のような画面が表示。

どうやら私のキャラはクロアチアからやってきたらしい。

 

Scumの初心者ゲーム攻略開始!

OKを押すと、さっそくフィールドに放り出された。

特にチュートリアル的な親切メッセージが表示されるわけでも無く、

「あとは勝手にどうぞ。」感がすごい。こういうのはとてもよいね。

画面が薄暗いのは、ゲーム内時間の関係だろうか。

さて、どっちの方角に行ってみようかな。

 

次の記事に続く。