ゲーム「片道勇者プラス」にはまった。



「片道勇者」by SmokingWOLFさん 感想

リアルな描写のゲームが充実している昨今だが、

私は定期的に2Dドット絵のちょっと懐かしい雰囲気なゲームをプレイしたくなる。

最近ちょうど自分の中にそんな波がやって来たので、偶然存在を知った「片道勇者プラス」で遊んでみた。

当初は興味本位で少しだけ遊んでみるつもりが、思いのほかはまってしまったため、

感想などを書き残しておく。

 

<片道勇者のゲーム紹介動画>※公式Youtube動画の埋め込み

 

<購入の流れ>

まずはVectorで無料版の「片道勇者」をダウンロードしてプレイしてみたところ、

「これはおもしろい!」と思い、すぐにSteamで「片道勇者」と「片道勇者Plus」を購入。

 

<プラットフォーム>

PC。Windows10で問題なく動作した。

 

<好きだと思った点>

たくさんあったので、箇条書きにしていく。

※自由に世界名を入力して、毎回違った世界で遊べる。

※選んだクラスや途中で加わる仲間などによって、その都度全く違ったプレイを楽しめる。

※ほんわかしたイラストに癒される。

※現れる敵などにたまに称号がついていたりするのが、なんとなく笑える。

(たとえば「名の知れた」野犬、「賞金首の」コウモリなどなど。。)



※周回プレイをしていくごとに、選べるクラスやキャラの特徴など、新しい要素がアンロックされていく。

また、ゲーム内に搭乗する城の増築や、倉庫にアイテムを貯めこんでいくことなども可能で、

周回プレイの積み重ねによる達成感がある。

※オンライン機能が地味に楽しい。(戦闘不能になった他のプレイヤーの幽霊が現れて、助けてくれたりする。)

※なんとなく、このゲームを作った方の感覚というかセンスが好きだと思った。

 

<残念だと思った点>

正直、今の段階では特に思い浮かばない。

それはたぶんコストパフォーマンスが良い点に満足していることもあるだろう。

仮にこのソフトが1万円近くしたとしたら、何か不満な点を思いつく可能性もある。

しかし今回はSteamのセール中だったこともあって「片道勇者」「片道勇者プラス」あわせて

計500円弱くらいで入手できたのだ。1日でもう値段以上は十分楽しんだと思う。

 

<総じて>

本当にお値段以上の楽しい体験をさせてもらった。

1回1回のプレイ時間はそんなに長くかからないため、これからもチマチマと遊んでいきたいと考えている。

このゲームを作った方は他のゲームも色々作っているみたいなので、

片道勇者プラスのプレイが少し落ち着いたら、同じ作者の方の他のゲームも遊んでみたい。

 

<公式サイト>

片道勇者プラス 公式ページ

 

<Steamの紹介ページ>

One Way Heroics Plus ※日本語対応とのこと。