インフルエンザの検査は痛い?本日鼻に綿棒入れて体験してきた。



ちょっと風邪っぽくて病院行ったら、なんとインフルエンザA型陽性だった。

これまで個人的にインフルエンザというと、

ものすごい高熱が出て生死の境をさまようみたいな印象をもっていたのだけど、

私は今のところ37度台の熱しか無いし、症状もこんなブログを書けるくらいの軽い風邪みたいな感じ。

(頭が痛くて、気持ち悪くて、のどが痛くて、せきがめっちゃでるけど、そこまでつらくはない。)

それでもインフルエンザということらしい。

 

病院へ行く前にインフルエンザの検査についてネットで色々見ていて、

「鼻の奥まで綿棒を入れるのでものすごく痛い」という口コミが結構多く、

病院に行く前から戦々恐々としていた。

ただ、その中から「上を向いて口を開けているとそんなに痛くない」という口コミを見つけ、

もしインフルの検査をするようにお医者さんから言われたら

そのように対処しようと心に決めて、病院へと足を運ぶことに。

 

実際に病院での診察が始まってしばらくしてから、

お医者さんより「インフルエンザの検査をします。」との宣告が。

内心「うわーきたー」と思い、自ら口を開けて上を向いた。

お医者さんにはどう思われたかわからないけど、

何も言われずにそのまま鼻に綿棒を入れてもらい、あっという間に検査完了。

 

・・・

 

なんと、結論としては、殆ど痛くなかった!!

 

痛みの程度としては、歯医者の虫歯治療の麻酔と同じくらいだったかな。

検査の痛みを恐れるあまりにインフルの検査を受けるのをやめるとか、

そういうレベルでは全くない。

 

注射に似たイメージで、スーッと綿棒が鼻の奥に入って、ちょんっとなんか触って、

そのまま綿棒がスーッと出ていって終わり。

 

上を向いて口を開けたのがよかったのか、たまたま今回のお医者さんが上手だったのか、

それとも両方だったのか・・・?もしくは、単に私の鼻の穴がでかいのか・・・??

 

理由は全く不明だが、ほとんど痛くなかったので結果オーライとなった。

(ただ、検査の結果は陽性だったので、その結果は全くオーライではない。)

 

検査の結果もすぐにわかったし(綿棒してから検査結果について呼ばれるまで10分くらい)、

どっちかというと、検査内容云々よりも、病院と薬にお金がかかったのがつらかった。

社保自己負担3割で、診察代約2,000円、薬代約2,000円、合計で4,000円程度の費用が自分での支払い。。

 

もっと免疫力をつけるなどして、次の冬にはなるべくインフルエンザにかからないよう、がんばりたいなあ。