敵が出ない一人称視点ゲーム“Eastshade”で、お散歩したり気ままに色々楽しむ。



最近癒しを求めて、一日の終わりにゲーム“Eastshade”の世界をのんびり探索するのがマイブームだ。

美しい世界をお散歩するのが好きな方には是非お勧めしたいゲームなので、

現時点でのプレイ感想などを軽く書き残しておく。

 

<Eastshade 公式トレイラー>

 

<どんなゲーム?>

旅する画家として、美しいEastshade島をのんびり探索しながら絵を描いたり、

動物顔の住民との交流を深めたりする。一人称視点のオープンワールドゲーム。

敵(モンスター的なもの)とのバトル要素は無し。

 

<プラットフォーム>

PC。私の場合はWindows10で正常に動作した。

 

<言語>

英語 ※2020年8月時点では日本語対応無し

 

英語だがゲーム内の文章量はそこまで多くない。

NPCとの会話には字幕も表示される。字幕はクリック等すると先に進む方式ではなく

NPCの喋りに合わせてどんどん先に進んでいくが、会話の内容はたいていシンプルで短め。

 

ゲーム「イーストシェイド」プレイ感想

<いいと思った点>

※敵が出てこないので、完全にリラックスしてお散歩に専念できる。

風景が綺麗で一人称視点プレイ可能なゲームは他にもたくさんあるし、このゲームよりも画質が細かいものも多いが、

そういった他のゲームではお散歩したりSS撮っていると大抵敵が出てきて邪魔される。

そもそも探索中にいつ敵が出るかわからないという警戒心が有り、完全にのんびりできるわけではない。

その点このゲームは敵が出てこないから、ただただお散歩を楽しんだりSS撮影に専念するには非常に良い。

 

※風景と環境音の組み合わせが非常に美しい&リラックスできる。

ヘッドホンでプレイするのが推奨。波の音、鳥の声、川の流れる音、

そういった環境音を聴きながら自然を眺めるのがとても癒し。BGMも素敵だ。

 

※気に入った風景を見つけたら絵を描くことが可能。

描いた絵はゲーム外にエクスポートもOK。

 

※普通にこのゲームをプレイしていれば色々と自力で発見があって、

攻略情報の必要性を今のところは感じたことが無い。

そのため全てが新鮮で、実際にEastshadeの世界を旅しているような没入感を得られる。

 

※単にお散歩して絵を描くだけではなく、住民と話してクエストをしたり、

簡単なクラフトをしたり、アイテムを他のNPCに売ってゲーム内通貨と交換したりなど、

色々なお楽しみ要素有。その日の気分によってただお散歩をしたり

ちょっとアクティブにクエストをしたりなど、いろいろできる。

 

癒し系ゲームEastshadeのプレイ評価

<気になった点>

※現時点では、特に無し。強いて言えば熊以外の動物住民の顔がたまに怖く見えるところくらいか。

でも変に萌え系の顔になっているよりは、今の方がいいかも。

 

あと、たまに鳥が同じところでずっと飛ぶ動作をしていたりなど、

軽い不具合?のようなものが見受けられる。その程度であれば特に気になることも無いが、

今後プレイそのものに支障をきたすような不具合が起きなければいいなとは思う。

 

(まあ、Fallout76で着ていた洋服が突然消滅するとか、そういうのには比較的慣れているので・・・・。)

 

<総じて>

敵が出ない美しい自然の中を環境音と音楽に癒されながらお散歩したり、

絵を描いたり動物顔の住民と交流したり、そういった癒し系のゲームに興味がある方にはとてもお勧め。

私にとっては一度に長時間遊びたいというよりは、一日の終わりとかの疲れている時に

日々定期的に少しずつプレイを継続したくなるような魅力がある。

ネックとしては2020年8月時点では日本語非対応という点くらいだが、

難解な長文が出てくるようなゲーム内容ではなく、ただ歩き回るだけでも楽しい。

是非遊んでみていただきたい!

 

<リンク>

Eastshade: 公式サイト

Eastshade :Steamページ

 

<おまけ>