【PUBG】プレイ日記その15:金をかけずに、足音を少し聞こえるようにした。



今回の記事では、PUBG初心者のプレイ日記その15をお届けする。

 

尚、いい加減「プレイ●回目」とか、プレイしたマッチの回数を数えるのも面倒になってきたため、

今回からブログの記事タイトルには、それまでにプレイしたマッチのトータル回数ではなく、

「プレイ日記その●」といった感じで、当ブログに投稿したPUBGプレイ日記記事のトータル回数を書くことにした。

 

パブジー家屋のタイル

さて、屋内での引きこもりプレイスタイル(?)は相変わらず健在。

今回はどっかの家の洗面所にて引きこもりだが、いつもどおり誰も来なくて暇なので、

「この部屋のタイルの模様とか質感けっこう凝ってるな~」などと思いながらボーッと見てた。

PUBGはゲーム内容自体もおもしろいんだけど、グラフィックの感じとかが全体的に好みで、

そういうところもプレイ意欲の維持につながっている気がする。

PUBG以外のバトルロワイヤル系ゲームも色々出てきているようだが、

今のところそれ系のゲームについては、PUBG以外プレイする気は起きない。

 

PUBGの車

そして、引きこもり家屋から出ようとしたところ、なんか音がするなと思ったら、突然目の前を車がスルー。

文字通り「スルー」で、特にこっちに対する反応は無く、一安心だった。

 

PUBGで家の中から足音が

しばらく後、競技エリアのサークルもだいぶ縮まってきたゲーム終盤間近。

なんかこの家の中から、物音がする気がするぞ。

 

ちなみに、PUBGを始めてすぐの頃は、自分の足音すら聞こえないという悲惨な音響状態だったのだが、

下記2点の手段で金をかけずにちょっとだけ音環境を調整し、以前よりも少しだけ物音が聞こえやすくなったのだ。

 

—————————————————————————–

1.  安物ヘッドホンから安物イヤホンに変更→普段はヘッドホンでゲームをしているのだが、

PUBGプレイ時のみ、電車の中で音楽聴く用だった密閉型イヤホンを使うようにした。

その結果、音が少しはっきり聞こえるようになったのと、

若干だけど音の方角を大まかに感じることが出てきた。

(ただ、極端に右とか左以外の時は、方向はほとんどわからない。)

 

2. PUBGのゲーム設定で音声の調整を実施

効果音のボリューム重視で、足音や銃声をしっかりチェック

→具体的には、上記の画像のような感じで、効果音のボリュームは100を維持したまま、

マスターのボリュームを70まで下げた。

私の場合は、これで重要な物音が少し聞こえやすくなったように感じている。

—————————————————————————–

 

ゲーム向けのいいヘッドセットとか買って設定調整すれば、

更に段違いに音が聞こえやすくなる可能性もありそうだけど、

そこまでガチでプレイしているわけでも無いので、今のところヘッドセットとかの購入は様子見。

まあヘッドセットを買ったら別のゲームでも使えるため、気が向いたら今後購入してもよいかなとは思う。

 

さて、今回のマッチの話に戻ると、これからこの家を背にして

サークル中心に向かって移動することになりそうなのに、

背後の家の中に敵が潜んでいるというのは、絶対に避けたい事態である。

気は進まないが、存在確認の上、もし中にいたら排除を試みるしかない。

 

PUBGで家の中に敵を発見

うわあ、やっぱりいたーーー!!

 

PUBG試合結果: ランク#13 キル0プレイヤー 報酬BP198 (ランク報酬184、キル報酬0、命中報酬14)

・・・排除されたのは、私の方だった。

 

こんな感じで結果としてはなんとも残念な内容に終わったが、

音の設定調整をする前の状態で同じシチュエーションに陥っていたら、

たぶん家の中に敵がいることにすら気づかず、わけもわからないまま後ろから攻撃されて終わりだっただろう。

そういう意味では、音声調整によって一歩前進?と言えなくもないのかもしれない。

 

尚、「どっちにしろ負けてるんだから同じだろう」と言われたら、それまでである。