ゲーム“SCUM”プレイ日記part6-背後から謎の急襲!大ピンチ!-



前回の記事「ゲーム“SCUM”プレイ日記part5-瀕死で民家探索-」の続き。

 

新たな目的地へと向かって移動を開始したところ、またもやゾンビと遭遇。

先ほど入手したSpade Shovelの出番が、早速やってきたようだ。

 

パンチの代わりにSpade Shovelでゾンビをぶん殴ってみた結果、

素手の時よりもだいぶ楽に倒すことに成功。

 

これまでのゾンビとの戦いについて、

自キャラのヘルスの減り具合は下記のような感じ。

 

ゾンビ1体目と2体目:ヒット&アウェイで慎重に素手攻撃→自キャラのヘルスが2回とも約40%減少

ゾンビ3体目:左クリック滅多打ちでやみくもに素手攻撃→自キャラのヘルスが約20%減少

ゾンビ4体目:ヒット&アウェイで慎重にシャベル攻撃→自キャラのヘルスが約10%減少

 

でっかいシャベルのおかげで、今後は少し戦闘が楽になりそうだ。

あと、シャベルって「近接武器」という扱いになっているのかな?

だとしたら、キャラメイクの時に近接武器(Melee Weapons)のスキルを

少し得意にしておいたこともよかったのかもしれない。

まあゾンビの個体によって強弱とかあるかもだし、

上記4体の事例だけでは、まだ何とも言えないところはあるけれども。

 

SCUMでdonkey(ろば)に遭遇

その後しばらく歩き続けたら、なんとロバに遭遇。

「まさか乗れないよね・・・?」などと思いそっと近づいたら、

ゾンビの(汚い)おさがり服を着た囚人おっさんキャラのいでたちがよほど恐ろしかったのか、

しばし目が合った後に、「ぐひー!」と言って逃げられてしまった。ごめんね。

 

SCUMでwellを発見

驢馬と遭遇してしばらくしたら、無事目的地に到着。

こじんまりとした雰囲気で、小さな建物がいくつかと、井戸がある。

 

drink

井戸水を飲んでみたところ、画面左下に表示されているHYDの数値が徐々に回復を始めた。

HYDというのはhydrationの略で、体の水分量にあわせて値が増減していくんだろうね。



 

井戸があるというのは少し安心できるから、

しばらくはこの場所をとりあえずの拠点っぽい感じにしてもいいかもな。

 

井戸水で喉を潤した後にその辺の建物内を探索して、あいかわらず大したアイテムは

なかなか見つからないということを確認。次の目的地に向かうことにした。

 

スカムA2のマップ

今度はマップの右側に進んでみよう。

左下の方に行った方が大きな街?か何かがあるみたいだけど、

大きな街だと大量にゾンビがいたりしたら嫌だからね。。

 

road

道があったので、道に沿って進んでみることにした。

なんか田舎道って感じでいいね。

「カントリーロード♪」と歌いたくなるね。

 

うきうき気分でお散歩を楽しんでいたら、突然背後から「それ」はやって来た。

 

SCUM初心者、背後から謎の攻撃を受け大ピンチ!

「チャッカチャッカチャッカ(足音)」「ふがー!!(声?)」

ずどーん!!

わけもわからず、倒れこむ私。

 

転倒

あまりに唐突だったので、何が起こったのか全く把握できず。

そして、倒れたまま動けない。

 

まさかさっきのロバが根に持って嫌がらせで仕返しをしてきたのか?

だとしたら、なんて陰湿なロバなんだ。

 

せっかくこれまでゾンビとの死闘を乗り越えて生き残ってきたのに、

突然こんなわけのわからん死に方するなんて、嫌だー!

 

次の記事に続く。