ジム通いをさぼってしまった原因と、今後のプランについて。



このところブログでもツイッターでもジムの話をしていなかったので、

なんとなくお察しだったかもしれないが、最近ジム通いをさぼっている。

どうしてこうなってしまったのか?原因を4つほど考えてみた。

 

スポーツクラブ通いが続かない理由について

1. 猛暑がやばかった。

→本当に言い訳でしかないのだが、今年(2018年)は猛暑がやばくて、

どうしても必要な外出以外はしたくない、という状況だった。

そのため、猛暑が終わるまではジム通いをお休みすることにしていたのだが、

猛暑が終わってもジム通いは再開せず。

なんとなく、ジムに行かないというのが習慣になってしまい、

行かない方が楽なので、そのままになってしまったと思われる。

 

2.ジムと同じようなことを家でも出来るのでは?という幻想を抱くようになった。

→ジムでは主にマシントレーニングをしていたのだが、大して負荷をかけているわけでもないので、

同じようなトレーニングを自宅でもできるのでは?と考えるようになった。

しかし、できると思っても自宅では結局やらなかったことから、

実際にやらないのであれば、「やろうと思えばできる」ということに意味は無いのを実感。

 

3.月会費ではなく回数制なので、行かなくても金銭的に損をしない。

→ジムに行った時だけ会費を払う回数制での入会だったので、

行かなくても損をするということが無かった。



月会費を払っていれば、ちょっとおっくうでも「もったいないから行こう」と思うが、

回数制の場合行かなければ0円なので、行かなくても「まあいいか!」となりがち。

 

4.ジムが自宅から遠い。

→どうしてわざわざ自宅から遠いジムに通っているかというと、

私の加入している別サービスの特典で、会費が割引価格になるというお得なジムだからだ。

とはいえ、いくらお得だと言っても、電車に乗らないと行けないような距離のジムだと、

どうしても通うこと自体がおっくうになりやすい。

 

フィットネスクラブ通いを長続きさせる方法とは

そんなこんなで、ジム通いを継続しやすくするためには、なるべく自宅から近いジムに

月会費を払って入会するのが私にとってはよさそうだ。

 

ただ、割引価格にて回数制で通えるという今のジムも、

やはり経済的な都合を考えるとありがたいというのがある。

 

なので、今後はあらかじめ次にジムに行く予定日を決めておき、

その日に向けて毎日自宅で少しずつトレーニングをしていく、ということを試していきたい。

 

とりあえず、月に1~2回くらいジムに行くことにして、

次のジムの予定をモチベーションに家で毎日トレーニングができれば、

経済的にも一番ベストだ!あとは、自分の意思次第。