24時間営業ジム「ちょこざっぷ(chocoZAP)」に初めて入会してみた日記


数年前に一念発起して入会したコナミスポーツクラブ

感染症流行などの影響もあって足を運ばなくなってから、だいぶ月日が経った。

自宅で動画を観ながらトレーニング可能なホームフィットネス24の活用で

ある程度満足していたものの、自宅が集合住宅で階下にも人が住んでいる都合上、

ヨガなどの静かにできる運動以外はやりづらいという問題が有り。

 

そんな中、たまたま「chocoZAP」の存在を知り、

最初は安すぎて怪しいという印象しかなかったけれども、

調べていくうちにだんだんと気になる存在になってきた。

具体的に入会を検討するようになったのは、

あのライザップ(RIZAP)が監修しているジムであるということがわかり、

全くの得体が知れない存在というわけでは無いというのを知ってからだと思う。

実際に足を運ぶ前に持っていた印象は下記のとおりだ。

 

——————————————–

【良いと思った点】

※月額が安い。

※家の近くにある。

※24時間オープンしていて、好きなときに行ける。

※銀行の口座振替登録をしなくて良い。クレジットカードで支払える。

 

【不安に感じた点】

※無人ということで、治安は大丈夫か。怖い人と鉢合わせしたらどうしよう。

※マシンなどの衛生管理はどうなっているのか。

※「いつも混んでいてマシンを使えない」ということは無いか。

——————————————–

 

一番心配だったのは治安に関する懸念点だが、いくら頭の中で考えていても

実際に行ってみなければ実状はわからないので、とりあえず入会して確かめてみることに。

2022年7月時点では体験入会というシステムは無く、本会員への登録が必須となるようだ。

早速会員登録開始!

 

運動苦手な初心者向け!コンビニジム「「ちょこざっぷ(chocoZAP)」の口コミ・レビュー・評判・感想・注意点

——————————————–

【会員登録の流れ】※2022年7月時点

スマホにchocoZAPのアプリをインストール。

自分の情報(メールアドレスとか)の入力作業など。

登録完了!

 

(2022年10月追記: 現在は公式サイトから会員登録開始できるようになっている模様。)

——————————————–

 

尚、アプリに会員登録すると最初は無料会員という扱いになり、

マシンの使い方の動画なども無料で見ることができるようになった。

私は会員登録のタイミングですぐに課金しなきゃいけないと勘違いしていたのだが、

最初は無料会員になることを知っていたらもっと早めにアプリをインストールして

マシンの使い方動画やジムの混み具合などを有料会員登録前にチェックしていたかもしれない。

(2022年10月追記: アプリリニューアルに伴い、アプリ内の「よくある質問」をタップすると

ブラウザに遷移してwebサイトのヘルプページが表示されるようになった。

また、「未契約者の方は混雑状況の確認機能は

ご利用いただけません」との追記もされていた。私が過去に未契約だった際には

混雑状況も確認できたような覚えがあるので、仕様変更があった可能性有。

ちなみにマシンの使い方についてもブラウザに遷移してwebサイトが表示されるようになっている。)

 

このジムの会員登録フローで一番良いと思った点は、

緊急連絡先(自分以外の誰かの連絡先)の登録が不要だったことだ。

何年も前の話だけど、コナミスポーツクラブに入会するときには

緊急連絡先の登録が必須で、「もし緊急連絡先が無くてジムに入りたい場合は

どうすればよいのだろう?」などと疑問に思ったものだ。

その後他のスポーツジムについても調べてみて、コナミ以外のジムも緊急連絡先の登録が

必要なケースが多かったような記憶がある。もしジムに入りたいのに緊急連絡先が無いからと

諦めていた人がいたら、「チョコザップは緊急連絡先の登録が不要でしたよ!」と声を大にして伝えたい。

 

会員登録完了したところで、さっそく足を運んでみることに。

準備の際に心がけたのは下記の内容。

 

——————————————–

【ジムに行く前の準備】

※フィットネス向けのマスクをする。(私はloopaのスポーツマスクを使っているが

息がしやすく運動の妨げになりづらいのでおすすめ。)

※オープンロッカーしか無いから貴重品はなるべく少なく。

(少なくとは言っても、スマホとか家の鍵とかは絶対に必要。。)

※着替え不要・シューズの履き替え不要なので、そのまま運動できるような装いで。

(2022年11月追記:書き忘れてたが、思いのほか汗をかいて喉が渇くことがあるので

ハンドタオルや飲み物などをもっていったほうが良い。)

※ちょこざっぷアプリでお目当てのジムの混み具合をチェック。

——————————————–

 

ジムに着いたら、入り口でスマホのQRコードをかざして入室。

最初コードが認識されなくて少し焦ったが、スマホの画面が気づかないうちに暗くなっていたので

画面の設定を明るくしたらすぐに認識されてほっとした。

 

実際に入室してみたところ、アプリの事前チェックでは「かなり空いている」といったような

表示になっていたにも関わらず、わりと人がたくさんいたように見えて驚いた。

今思い出すと5人もいなかったようだが、部屋が狭くてマシンの数も少ないから

人が多く見えたのかもしれない。

 

事前に不安だった治安の面については、ひと目見てそこまで心配はいらなそうなことがわかった。

黙々と一人で運動している普通っぽい人ばかりという印象で、ひと安心。

とはいえ、油断せずに貴重品の管理などには注意をしたほうが良いだろう。

ちなみに男女比は半々くらいで、高齢者に見える方はいなかった。

 

一番のお目当てとしていたエアロバイクには先客がいたため、今回はトレッドミルで妥協。

そういえばコナミでもトレッドミルを一番たくさんやっていたような覚えが。

こうやって走ったりするような運動は自宅ではほぼ出来ないので、やっぱりジムはいいね!

 

20分ほどトレッドミルをやった後に好奇心でエステルームというのを覗いてみたものの、

機器の使い方がよくわからずわざわざ動画を観て調べるほどのモチベーションもなく、

今回はスルーした。いつか気が向いたら試してみるかも・・・。

(2022年8月追記: その後エステは予約制に変更になった。予約してない場合は使わないよう注意!

ただしまたルールが変わる可能性もあるので、最新のルールはチョコザップアプリなどでご確認を。)

 

久々のジムということも有り今回は筋トレ系はスルーをして、有酸素運動のみで退室。

体がスッキリした感じで、大満足だ。

 

初めてのちょこざっぷ体験を終えたところで、さっき書いた体験前の印象に

実際に体験してみてからの感想を下記に追記していく。



——————————————–

【良いと思った点】

※月額が安い。→プールやシャワーなどの設備やエアロビとかのレッスンが無く

「マシンが少し置いてある殺風景な部屋を自由に使えるだけ」という感じなので安い。

ただ、私はコナミに通っていたときも一人でマシンを使うだけだったから、

余計なサービスが無い分安くなるのは良いことだ。

 

※家の近くにある。→このメリットはかなり大きい。

電車に乗らないと行けないような距離だと

よほどのモチベーションが無いと続けるのが難しいと感じる。

 

※24時間オープンしていて、好きなときに行ける。→事前の印象どおり、便利!

 

※銀行の口座振替登録をしなくて良い。クレジットカードで支払える。

→手続きがめんどくさくなくてよかった。

 

【不安に感じた点】

※無人ということで、治安は大丈夫か。怖い人と鉢合わせしたらどうしよう。

→今回初めて行ってみた限りだと、黙々と一人で運動している普通っぽい人ばかりで

喧嘩が起こっている様子などもなかった。油断は禁物とはいえ、深夜とかでなければ

そこまで心配はしなくてもよさそう。鍵付きロッカーが無く、貴重品管理には注意。

(後日追記:関連ページ「ちょこざっぷでの貴重品管理はどのように対応すべきか」)

 

※マシンなどの衛生管理はどうなっているのか。

→マシンが汚れていることはなく、他の人も使い終わった後に掃除していた。

ふと気になったのが、今回はたまたま天気が晴れていたけど、

雨の日に床がびしょぬれになったりしないかということだ。

(後日追記:その後何度か利用した後の感想を

別ページ「ちょこざっぷの清掃頻度と実際の衛生状態について」に記載した。)

 

※「いつも混んでいてマシンを使えない」ということは無いか。

→事前にアプリ混み具合をチェックできるので、混んでいるタイミングを避けることは可能。

ただしマシンの数が少なく、全体的に空いていてもお目当てのマシンはうまっていることがある。

今後会員数が更に増えたら自分が行ける時間帯には常に混んでいてマシンが使えなくなるという

可能性もあり、そうなったら退会しようかと。

——————————————–

 

とりあえず今回は久々にトレッドミルが使えてかなり満足した。

事前に不安だった治安面も過剰な心配は不要そうであることが判明。

混みすぎない限りは、しばらくチョコザップ生活を続けてみようかなと思う。


※リンク: chocozap公式サイト

※リンク: chocozap公式サイト