視聴者の選択で展開が変わる映画ゲーム“Late Shift”



1年以上前にクリアしていたゲーム“Late Shift”を、最近もう1度遊んだところ、

やっぱり結構おもしろかったので、感想を書き残しておく。

 

<Late Shift公式トレイラー>

 

<プラットフォーム>

PC。私の場合はWindows10で正常に動作した。

 

<どんなゲーム?>

もともとは「インタラクティブ・シネマ」として劇場で上映された内容が

ゲーム化されたものという事らしい。

一見サスペンス・アクションの実写映画みたいな感じなのだが、

ところどころに視聴者(プレイヤー)が選べる選択肢が発生し、

選択した結果によってストーリーの展開が変わってくる。

選択完了までの制限時間は結構短いので、

じっくり考えるというよりは、反射的にパッパと選んでいかなくてはならない。

以前は日本語に対応していなかったものの、2019年1月に日本語字幕に対応したため、

だいぶ遊びやすくなった。

 

ゲーム「レイト・シフト」プレイレビュー

<良かった点>

※映画1本分くらいの時間でプレイ完了できるので、気軽に遊べる。

※1回ベストエンドを見た後でも、1年以上とか時間が経つと

(人によるかもしれないが)わりと細かい選択肢とかは忘れていたりするし、

マルチエンディングのゲームでもあるため、何度も楽しめる。

※クライムアクション・サスペンスの洋画の世界に自分が介入できて、

ストーリーも変わっていくのが、普通の映画と違っておもしろい。

ただ、選択肢を誤ると、普通の映画と違って嫌な終わり方になったりもする(笑)

 

<気になった点>

※特に目立って気になったところは無かったが、

暴力的なシーンが実写で流れるので、苦手な場合は注意かも。

 

ゲーム「レイトシフト」プレイ感想

 

<総じて>

1回のプレイ時間が短いこともあり、長時間にわたりずっと楽しめる種類のゲームではないものの、

2019年6月時点での価格は定価でも1,280円とお買い得だし、

値段以上の楽しさは味わえるゲームだと個人的には思う。

(ちなみにセールもたまに行っていて、私はセールで768円の時に買った。)

当記事の冒頭に公式トレイラーも掲載しているから、雰囲気が好みであれば

購入してみても良いのではないだろうか。

 

<リンク>

LATE SHIFT 公式サイト

LATE SHIFT Steam ページ