初めてのひとりディズニー体験記(ランド)part8



前回の記事「初めてのひとりディズニー体験記(ランド)part7」の続き。

初めてのひとりディズニー体験記(ランド)」シリーズを最初から読むには、こちらから。

 

一人ディズニーランド:ビッグサンダーマウンテン

カントリーベア・シアターの後は、ビッグサンダー・マウンテンへ。

スペース・マウンテンに乗ってから少し時間が経って、心の傷が癒えてきたのと、

たしかスペース・マウンテンよりは怖くなかった記憶があったので、

思い切って乗ってみることにした。待ち時間は40分程度。

 

1人ディズニーランド:ビッグサンダーマウンテン

実際に乗ってみると、スペース・マウンテンほどではないが、

やはり少々きついものがあった。

近くに乗っている小学生くらいの子供はとても楽しそうなのに、なんだか情けない話である。

「まあ、きっとこれは長い間ジェットコースター系の乗り物に乗っていなかったせいだろう、

慣れればきっとまた大丈夫になるだろう。」と無理矢理自分を励ますのだった。

 

ビッグサンダー・マウンテンから降りたところで、

近くにいた外国人親子の会話が聞こえてきた。

 

こども「パパー、次はスペースマウンテンに乗ろうよ!」

パパ「ノッホッホッホーウ・・・」(脱力状態で笑いながら拒絶)

・・・

パパ、ぐっどらっく。。

 

ぼっちディズニー:イースタースペシャルドリンク

ビッグサンダー・マウンテンでの疲れを癒すために、



ちょっと座って休憩することに。

休憩のお供は、イースタースペシャルスパークリングドリンク

(ラズベリーゼリー&サワーホワイト)、350円。

ひどい写真しか撮れなかったが、実物はもっとかわいくておいしそうだった。

 

ドリンクを飲みながら、行きかう人々をボーっと眺めてみる。

しかし、こうして見ると、1人で行動している人というのは本当に少ない。

それでも道を1人で歩いているというのはたまに見かけるけど、

アトラクションの待ち時間に自分以外で1人で待っている人を見かけたというのは

今のところ皆無である。

 

ネット上にあふれている「一人ディズニー行ってきました!

楽しかったです!」の声々は一体なんなんだ?

 

でも、ネットだとたとえ数十件くらいの口コミを見ただけでも、たくさんの人が

ひとりディズニーを楽しんでいるんだという気になってしまう。

1日に万単位の人々がディズニーに来ていることを考えると、

やはりその中でも1人で来ている人というのは、まだまだ少数派といったところなのだろう。

 

そんなことを考えていると、突然「あ、隠れミッキーだ!」と叫ぶ男性の声が聞こえてきた。

その男性が去った後に、その声がした方へこっそり足を運ぶ。

 

ひとりディズニー:かくれミッキー

そして、発見した。地面に本日初の隠れミッキー。

 

次の記事に続く。